各OS・ディストリビューション毎の導入方法のまとめ。 ディストリビューション側でサポートしているパッケージにて導入する場合 かなり古いバージョンのmikutterが入ることがあり、うまく動作しないこともある。

ニッチなOS

Linuxみたいじゃないやつや、実質Linuxだけどこれは違うというやつでも、mikutterが動作する場合があります。

Android

以下を参照。 Androidでのmikutterインストール

MacOSX

OS X 10.9(Mavericks)

Mac OSXでのインストール方法

Windows

以下を参照。 Windowsでのmikutterインストール

Linux

Arch

AURからインストール。

yaourt -S mikutter

debian

squeeze(6.0)

wheezy(7.0)

ruby-gtk2パッケージ(1.1.3-2+b1)をインストールして、mikutterのソースは自分で準備。

aptitude install ruby-gtk2

backportsを利用できる場合はパッケージが用意されています

これからbackportsを導入する場合は、apt-lineに以下を追加し、apt-get update。

# /etc/apt/sources.list など
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy-backports main

そしてapt-getでインストール出来ます。

apt-get install -t wheezy-backports mikutter

jessie(8.0), sid

パッケージができました。aptで入ります。

apt-get install mikutter

Gentoo

emerge mikutter

LMDE201403

リポジトリに上がってるので

$ sudo apt-get install mikutter

2014/4/8現在リポジトリのmikutterはVer.0.2.2.1430 Twitterの仕様変更によりこのVer.のMikutterは起動できない(TL取得できずに落ちる?)ので(mikutter 0.2.2.1537 参照)本体をgitで持ってくる必要あり。

$ sudo apt-get install git

$ git clone git://toshia.dip.jp/mikutter.git

$ cd mikutter/

$ ./mikutter.rb

でgitで持ってきた方のMikutterが起動できる。

依存パッケージはruby-interpreter ruby1.9.1 ruby-gtk2 ruby-cairo ruby-oauth ruby-json ruby-bsearch ruby-addressable ruby-memoize ruby-hmac ruby-typed-array libnotify-bin alsa-utils ruby-httpclient な模様なので

$ sudo apt-get install git ruby-interpreter ruby1.9.1 ruby-gtk2 ruby-cairo ruby-oauth ruby-json ruby-bsearch ruby-addressable ruby-memoize ruby-hmac ruby-typed-array libnotify-bin alsa-utils ruby-httpclient

$ git clone git://toshia.dip.jp/mikutter.git $ cd mikutter/

$ ./mikutter.rb

で動くはずだが執筆者はいきなり

$ sudo apt-get install mikutter

した上でgitで取ってきてそっちを動かしてしまったようなのでだれか試してくだしあ

LMDE201403(mikutter3.1対応)

リポジトリのrubyが1.9.3のため、自前で2.0or2.1環境を整える必要あり。以下はrbenvを使ってruby2.1をインストールして動かす手順です。 多分リポジトリのrubyがアレなことになってるデストリの方は同じような感じで行けると思います rbenv入れてruby2.1入れてbundle installとかそんな感じ。

$ sudo apt-get install rbenv
$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ cd ~/.rbenv/plugins
~/.rbenv/plugins $ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
$ rbenv install -l
$ rbenv install 2.1.2

rbenvのrubyにパス通す

$ export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
$ eval "$(rbenv init -)"

rehashとかデフォルト指定とか

$ rbenv rehash
$ rbenv global 2.1.2
$ hash -r
$ ruby -v

対応バージョンのruby(この場合は2.1.2)になっていればおっけー。 mikutterの展開ディレクトリに移動してbundleとかgemとか

$ cd mikutter
$ source ~/.bash_profile
$ rbenv exec gem install bundler --no-ri --no-rdoc
$ rbenv rehash
$ bundle install --path vendor/bundle
$ ruby mikutter.rb 

依存関係が問題なく入れば最後のコマンドでmikutter起動するはず。 (この項目の執筆者はrubyに関する知識が不足しているためよくわからないまま何とかした感じなので修正加筆できる方を求めます)

Ubuntu/Linux Mint

13.04(raring)/15(olivia)以前

debianと同様。

13.10(saucy)/16(petra)以降

Debian(sid)からパッケージが流れてきたので、apt-getで入るようになりました。

apt-get install mikutter

なんとかBSD

mikutter的にはLinuxとかの範疇のようです。

NetBSD

pkgin install mikutter

またはpkgsrcにてmake install。

FreeBSD

portsにてmake install。

OpenBSD

portsにてrubyとgtk+2をインストールしたのち,ruby-gtk2とmikutterを手動で導入。

DragonFlyBSD

DPortsにてnet-im/mikutterをmake install。

やばいやつ

やばいやつでも mikutter の動作報告が上がっているものがあります。

Solaris

以下を参照 Solaris 11でmikutter用ruby環境を構築する

MikutterInstallBattle (last edited 2018-05-03 06:11:35 by ncaq)